まとめ



                 
  すすぎ前 すすぎ後
カナムグラ
セイヨウタンポポ
オシロイバナ
ヒメミソハギ
イネ科の植物
セイタカアワダチソウ
キヅタ
クリサンチウム(白)
クリサンチウム(赤)
シダ
シソ類の花

色々な植物で染めたのに、どれも使った植物のもとの青や緑色から黄色に変わっちゃったね。

だから昔の人たちは今回使ったようなただの雑草ではなく、特定の植物ばっかりを使って染めていたんだネ!

それだけじゃないよ!
どの布も水ですすぐとすぐに色が溶け出てるから、雨の中とかに着たり、使ったりするものを染めるのには不便だったんじゃない?

確かに!
それじゃあ私たちが抽出した染料はどれも、”水溶性”だったってことかな?

う~ん。でもこの実験だけじゃ色の変化が少なくて本当に”水溶性”なのかわかりにくいものもあるね...。

イネ科の植物とかだよね?
私、もっと”水溶性”かどうかはっきり分かる実験を思いついたんだけど、やってみない?